本文へ移動

第二十一昭徳丸船団所属

漁労長 庄司 美徳 ・ 漁船乗組員 庄司 敬志郎

漁労長と漁船乗組員の写真
(左:父)第二十一昭徳丸船団 庄司美徳漁労長 (右:息子)第二十一昭徳丸乗組員 庄司敬志郎
Q. 漁労長へ就任してから1年が過ぎました。振り返ってみていかがですか?
A. 一言でまとめるならキャパオーバー。漁労長と局長の両方の仕事をしてるからね。

Q. まさに二刀流ですね!
A. 月夜間だって以前ほど休めない。長崎市の本社で行われる漁労長会議に参加したり、漁網を買うときには出張したりと大変ばい!


Q. 今度は息子さんにお尋ねします。親子で同じ船で働くっていかがですか?
A. 最悪です(笑)。まぁ冗談ですけど。
 
Q. 何か親子で意識する点とかありますか。
A.他船団でも親子・兄弟・親戚同士で同じ船・同じ船団で頑張っておられる方もいますので負けんように頑張らんばとは思います。

第二十一昭徳丸乗組員 松尾幸哉

漁労長と漁船乗組員の写真
第二十一昭徳丸乗組員 松尾幸哉


 

Q.松尾さんは鶴洋高校ご出身で学生時代、水産業について学んでいらっしゃいますよね。

A.学生時代に学んだことが活かされていると思います。海技士免許の取得にも優遇措置がありますし、水産高校出身の方は即戦力になるんじゃないですか。

 

Q.新卒から入社して何か感想はありますか。

A.乗船後、学校で教わった部分と違うなぁと思うところはいくつかありますね。その辺は実際の作業に合わせて作業を進めていくしかないと思います。特に新人の頃は誰か付きっ切りで指導してくれますから心配は要らないと思います。

第二十一昭徳丸乗組員 三浦悠雅

漁労長と漁船乗組員の写真
第二十一昭徳丸乗組員 三浦悠雅


 

Q.三浦さんは広島県のご出身なんですね。

A.親父が地元で漁師をやっててそれで漁師は身近な存在でした。高校卒業後一旦就職したのですが「何か違うぞと」思い、出身校の進路指導の先生から紹介してもらいました。


Q.住んだこともない長崎県に就職してみていかがですか。
A.先輩から聞いた話によると、以前は地元(五島出身)が多かったけど今は他県の人も珍しくないよと言われました。
思ったより若い人が多くて楽しく働いています。


 

漁労長と漁船乗組員の写真
第二十一昭徳丸乗組員 (左)松尾幸哉 (右)三浦悠雅



出身地や年齢が違っても船内で寝食をともにすれば自然と仲良くなれますよと笑顔で撮影に応えてくれました。
昭徳水産株式会社
富栄海運有限会社
本社
〒850-0037
長崎県長崎市金屋町7番2号
TEL:095-823-8134
FAX:095-826-2587

浜串営業所
〒853-3102
長崎県南松浦郡新上五島町岩瀬浦郷705-138
TEL:0959-45-2116
FAX:0959-45-3017

富栄海運有限会社
唐津営業所 シーボーン昭徳
〒847-0101
佐賀県唐津市中瀬通10番23
TEL:0955-72-1881
FAX:0955-74-1100
URL:http://sea-born.co.jp
TOPへ戻る